精巣がんの発症リスクと改善方法

 

精巣がん(精巣腫瘍)とは、男性の生殖器である睾丸の中にある精巣に、がん細胞が発生するがんのことです。精巣がんは他の多くのがんと異なり、若年層(20歳代~30歳代)の発症率が高い傾向にあります。多くの場合、精巣の細胞ががん化する理由や原因は分かっていませんが、家族に同じ病気の人がいる場合などはリスク因子として考えられる、とされています。

 

また、停留精巣(乳幼児期の精巣の異常状態)があったとき、もう一方の精巣に腫瘍があった場合、男性不妊症(特に精液検査で異常のあった男性)でも発症のリスクとして考えられるといわれています。精巣腫瘍の罹患率は10万人に1人程度とされており、珍しいがんとされています。死亡率は低いので、生存率・予後の良好ながんです。

 

精巣がんの主な症状として考えられるのは、片方の精巣の腫れや硬さなどが挙げられます。ですが多くの場合は痛みなどを伴わないので、がんが進行して悪化するまで気付かないことが多いようです。精巣がんは短期間で他の臓器に転移をしますので、転移によって起こった症状により、精巣がんだと判明することもあります。

 

治療には主に放射線治療が用いられます。ですが、どのがん細胞が関与しているか(腫瘍マーカーの値)によって治療方法が異なります。セミノーマ(精上皮腫)では放射線治療と抗がん剤の投薬を組み合わせて治療をを行い、非セミノーマでは抗がん剤での治療が主となります。
先ほども述べましたが、精巣がんの発症原因については現段階では詳しく解明されていません。