甲状腺がん(前立腺がん)の発症リスクと改善方法

 

甲状腺がんは数種あるがんの種類の総称で、若い年齢の女性に多くみられる「乳頭がん」がその約半数を占めます。その他は、骨や肺に転移しやすい「濾胞がん」、遺伝が関係することもある「髄様がん」、男性に多い「未分化がん」のほか、悪性度の高い「悪性リンパ腫」などが甲状腺がんとされています。
甲状腺がんは症状が出ることはあまりなく、のどぼとけ付近のしこり以外では自覚症状がないのが特徴です。

 

甲状腺がんの一部は悪性度の低い分化型に分類されており、がん細胞の増える速度は遅く、進行も遅いとされています。若年層の予後は良好であるため、手術にて摘出することで、がんの転移は抑えられます。

 

一方、前立腺がんとは男性特有のがんです。がん細胞が前立腺細胞に発生して起きるもので、遺伝的な部分が深く関係しているといわれていますが、なぜがん細胞化するのかはまだ不明とされています。

 

前立腺がんはリンパ液の流れに乗り、前立腺周辺のリンパ節や骨に転移することが多いです。また、肺や肝臓にも転移するおそれがあります。進行が比較的ゆっくりであるので、発見が早期であればがん細胞の摘出手術や放射線治療によって治癒します。また、予後も良好である傾向が高いです。

 

発症リスクとして考えられるのは、乳製品やカルシウムなどです。これらを多量に摂取するなどすると、現段階ではがん発症との関係性があるとして私的されています。
前立腺がんの主な症状としては、尿が出にくい、残尿感、夜中のトイレの回数が増える、尿漏れなどです。これらは加齢と共にあらわれる症状でもあり、前立腺がんの発症率(罹患率)も加齢と共に増加傾向にありますが、一概に前立腺がんだとは判別できません。これらの症状が長く続くようであれば医師の診察、またはがん検診を受けるようにしましょう。