子宮体がんの発症リスクと改善方法

 

子宮がんには主に2つに大別されます。子宮の入り口である子宮頚部にがん細胞ができる「子宮頸がん」と、子宮の内側にある子宮内膜に発生する「子宮体がん」です。子宮体がんは子宮内膜がんとも呼ばれます。この2つの子宮がんは婦人科のがんでは最多の罹患率となっています

 

子宮体がんは初期では症状はほとんど無自覚であることが多いのですが、出血やおりものの増加、排尿時の痛みや排尿困難、性交時の痛みなどが現れるようであれば、一度婦人科を受診しましょう。子宮体がんは初期であればあるほど、治療が可能となります。また、手術後の予後も良好だといわれています。

 

上記で述べたような症状は子宮頸がんを罹患している場合でも同じような症状がありますので、注意が必要です。子宮がんの検診は推奨されていますが、もし検診を受ける場合には、子宮体がんと子宮頸がんの両方の検診を受診すべきでしょう。

 

子宮体がんは「エストロゲン」という女性ホルモンが長時間刺激されることによって発生することもあります(そうでない場合もあります)。エストロゲンは、肥満傾向にある・閉経が遅い・出産経験がないなどの体質や要因に関係し、これらが発症のリスクを高めるということが現段階で分かっています。

 

また、乳がんを罹患していて治療に「タモキシフェン」という薬を服用している場合、または更年期障害の治療にてエストロゲンの補充療法を行っている場合でも、子宮体がんの発生率が高まるとされています。併発してしまった時は医師に相談するようにしましょう。

 

子宮体がんは若年層に多くみられる子宮頸がんと違い、閉経後の女性ならば誰しも発生の可能性があります。検診による早期発見が重要となります。検診で発見できることが一番の手立てです。できれば検診を受けるようにしましょう。

 

子宮体がんの発症リスクを低下させるために、食事に気をつける・運動を適度にするなど生活習慣を見直し、できることから始めていくようにしましょう。