肝臓がんの発症リスクと改善方法

 

日本でも罹患率の多い肝がんは、大まかに以下の二つに分かれます。肝臓の細胞内にできる「原発性肝がん」と、別の早期からがん細胞が転移しておきる「転移性肝がん」です。「原発性肝がん」は、「胆管細胞がん」や「肝細胞がん」、「肝細胞・胆管細胞混合がん」、「小児肝細胞芽腫」などに分別されます。日本では原発性肝がんを発症したうち、90%が「肝細胞がん」と診断されます。

 

肝臓がんは肝炎ウイルスが体内に取り込まれることにより発生因子となり、いずれはがん細胞に進行して引きこされます。肝細胞内で長期にわたり炎症と再生を繰り返すうち、遺伝子の突然変異によってがん細胞へと変化していきます。肝炎ウイルスには服すの型がありますが、A・B・C・D・Eなどのうち、肝臓がんに関係しているのはBとCの種類となります。このウイルスは体内から駆除しないと減りませんので、投薬での治療が中心となります。

 

肝臓のがんは進行しているのにも関わらず自覚症状があまりなく、無自覚な人が多いと言われています。逆を言えば、症状が出始める頃にはかなり悪化している状態とも言えるでしょう。肝臓がんの症状として代表的なのは、全身の倦怠感、食欲不振、尿の濃染(尿の色が濃くなること)、黄疸、腹部のしこり・圧迫感、便秘・下痢などです。

 

肝炎ウイルスにかかると多くは「急性肝炎」という病気になり、知らぬ間に慢性的な肝炎に移行していくこともあります。反対に症状が出ない人もいます(無症候性キャリア)。

 

そのほか、ウイルス感染以外の肝がんの発生原因として考えられるのは、大量の飲酒と喫煙、食事に混入したカビ毒(アフラトキシン)が挙げられます。また、糖尿病との関係性も懸念されています。

 

こうした発生リスクを抑えるには、投薬での治療はもちろんのこと、日々の生活にも気を使わなければなりません。飲酒や喫煙はほどほどにする(禁煙をするのがイチバンですが)、生活習慣を見直す、栄養の偏らない食事にする、など、できることから始めていきましょう。