大腸がんの発症リスクと改善方法

 

日本人に多くみられる大腸がんはS字結腸と直腸に発生しやすいといわれています。大腸がんは大腸の粘膜細胞から発生し、腺腫(良性腫瘍)の一部ががん細胞と化したものと、正常な状態にある粘膜から直接発生するものもあります。疾患が進行するスピードは緩やかですが、進行につれ別の臓器(リンパ節や肝臓、肺など)に転移します。

 

症状として代表的なのは血便や下血、下痢と便秘を繰り返す、腹痛、貧血、宿便がたまりやすいなどが挙げられますが、がん細胞がどこに発生したかによって症状は変わります。また、痔などでも同じような症状があります。血便をチェックする便潜血検査が発見する手立てとなりますので、一度病院にて検査してもらいましょう。

 

大腸がんは検査や検診などによって自覚症状が出る前でも早期発見ができます。早期発見であれば手術によって腫瘍を切除することで他の部位への転移を防ぐことが可能です。また、術後に転移が認められたり再発した場合、再び切除を行ったり放射線治療や抗がん剤治療にて根治が行われます。

 

大腸がんの発生率は、日本人では高齢になるにつれ増加していき、50~60歳代の罹患率が多いようです。ですが罹患率は死亡率の約2倍となっていますので、大腸がんを罹患している人の生存率は高い傾向にあります。罹患率・死亡率ともに男性よりも女性のほうが約2倍の数値となっています。

 

大腸がんの発生リスク因子には以下のようなものがあります。肥満や飲酒、偏った食事などの生活習慣が原因であることと、大腸がんは直系の家族に大腸がんを患っている人がいる人は大腸がんの発生リスクが高くなります。また、ベーコンやソーセージ、ハムなどの加工肉は大腸がんの発生リスクを高めるといわれています。

 

大腸がんの発生リスクを抑えるには、こうした要因を取り除く必要があります。適度な運動をして肥満を解消する、飲酒はほどほどにする、食事は栄養バランスのとれたものに変える、できるだけ加工肉の食事を避けるなど、生活習慣の改善を心がけるようにしましょう。