食道がんの発症リスクと改善方法

 

食道がんは、食道内の組織部に悪性の腫瘍が認められる病気です。喫煙や大量の飲酒、パレット食道(食道下部の内部に存在する細胞が変化したり、細胞が異常な状態に変化している状態のこと)などが原因として考えられています。
また、高齢者や男性に食道がんが多くみられるようです。

 

食道癌には、食道の内部にある平坦な細胞・扁平上皮細胞にがんが発生する「扁平上皮細胞がん」と、胃に近い場所の食道にがん細胞が発生する「腺がん」の2種類があります。主にこのふたつの食道がんが一般的とされています。

 

食道がんのリスク因子として考えられるものは先ほど述べましたが、必ずしもひとつの要因が原因ではありません。
食道がんは食道内の細胞が悪性腫瘍に変化していくものですので、食道に関連する他の細胞が異常な状態に変化しているということで、この変化により、食べ物を呑み込む(嚥下)時に痛みを感じて食欲不振になったり、消化不良や胸焼け、胸骨背部の痛みなどの症状がみられます。こうした症状が長く続くようであれば、できるだけ早めに治療を行わなければなりませんので、万が一のときのために早めに医療機関を受診するようにしましょう。
その場合、予防も大切です。
タバコを吸う人は禁煙したり、コーヒーなどの刺激物を控えて咽頭を休ませることも予防につながります。

 

たとえば、遺伝的に病気にかかりやすいかを知る検査の「マイコード」を利用される方も増えてきました。
マイコードは検体採取の際に唾液を用いますので、自宅で簡単に検体の採取が可能です。
だ液を採るだけで、自宅にて簡単に検査ができるので、忙しい人にはおすすめです。

 

検査結果もウェブ上で確認できますので、いつでも結果を見ることができる点も便利ですよ。
少しでも心配になった方は、自分の体の状態を知る意味でも、遺伝子検査を受けるべきだと思います。