ガンの種類や対策を知ろう

食道がんについて

食道癌には、食道の内部にある平坦な細胞・扁平上皮細胞にがんが発生する「扁平上皮細胞がん」と、胃に近い場所の食道にがん細胞が発生する「腺がん」の2種類があります。
主にこのふたつの食道がんが一般的とされています。

 

食道がんのリスク因子として考えられるものは先ほど述べましたが、必ずしもひとつの要因が原因ではありません。

 

食道がんは食道内の細胞が悪性腫瘍に変化していくものですので、食道に関連する他の細胞が異常な状態に変化しているということで、この変化により、食べ物を呑み込む(嚥下)時に痛みを感じて食欲不振になったり、消化不良や胸焼け、胸骨背部の痛みなどの症状がみられます。

 

こうした症状が長く続くようであれば、できるだけ早めに治療を行わなければなりませんので、万が一のときのために早めに医療機関を受診するようにしましょう。
その場合、予防も大切です。

 

タバコを吸う人は禁煙したり、コーヒーなどの刺激物を控えて咽頭を休ませることも予防につながります。

 

>> 遺伝子検査マイコード体験談を読む

 

胃がんについて

胃がんとは、胃の壁の内側部位にある細胞が、がん細胞に変化して起こる病気です。

 

検診などで見付かるようなサイズになるまで数年かかると言われており、また患者本人も無自覚無症状であることが多く、本当に初期の頃の胃がんは発見しにくいため検診で発見できることは少ないかもしれません。

 

主な症状としては、胸・胃の痛みや不快感、違和感、胸焼け、食欲がなくなる、吐き気などが挙げられます。胃炎や胃潰瘍の症状と似ていることもあり、発見が遅れる原因になっているようです。

 

胃がんの因子を含んだ細胞が大きくなるにつれて胃の壁の中に入り、胃の外側にある細胞(しょう膜)にまで広がり、将来的には大腸やすい臓にまで拡がっていきます。

 

胃がんの原因となるリスク要因には複数ありますが、中でも喫煙や食生活などの生活習慣、またはピロリ菌を胃内に持っていると、胃がんの発生リスクが高まるとされています。
また、元々胃が弱い人、胃炎がなかなか治らないと思っていたら実は胃がんであった、などという人もいるようです。

 

こうした発症リスクを取り除くには、原因そのものを改善する必要があります。
例えば禁煙をする、塩分の多い食事を控える、野菜や果物をできるだけ多く摂取する、などが挙げられます。

 

そのほか、これは胃がんだけに言えたことではありませんが、運動不足の解消も生活習慣の改善につながりますので、特に肥満傾向にある人は適度な運動を心がけるようにしましょう。こうした生活習慣の改善が予防につながります。

 

ピロリ菌は胃炎の原因ともされていて、近年では日本人のピロリ菌罹患率は40代以上が最も多く、若年層では低下していると言われています。

 

また、胃がんで亡くなった人の割合は全ての種類のがんの中で、男性2位・女性3位(どちらも2013年時点での統計)となっていますが、昔と比べると割合としては近年減少傾向にあります。

 

ピロリ菌の除去には投薬と定期的な胃の検診が効果的とされていますので、医師の診断に従うようにしましょう。

 

>> 遺伝子検査マイコード体験談を読む

 

大腸がんについて

日本人に多くみられる大腸がんはS字結腸と直腸に発生しやすいといわれています。
大腸がんは大腸の粘膜細胞から発生し、腺腫(良性腫瘍)の一部ががん細胞と化したものと、正常な状態にある粘膜から直接発生するものもあります。

 

疾患が進行するスピードは緩やかですが、進行につれ別の臓器(リンパ節や肝臓、肺など)に転移します。

 

症状として代表的なのは血便や下血、下痢と便秘を繰り返す、腹痛、貧血、宿便がたまりやすいなどが挙げられますが、がん細胞がどこに発生したかによって症状は変わります。

 

また、痔などでも同じような症状があります。血便をチェックする便潜血検査が発見する手立てとなりますので、一度病院にて検査してもらいましょう。

 

大腸がんは検査や検診などによって自覚症状が出る前でも早期発見ができます。早期発見であれば手術によって腫瘍を切除することで他の部位への転移を防ぐことが可能です。

 

また、術後に転移が認められたり再発した場合、再び切除を行ったり放射線治療や抗がん剤治療にて根治が行われます。

 

大腸がんの発生率は、日本人では高齢になるにつれ増加していき、50~60歳代の罹患率が多いようです。ですが罹患率は死亡率の約2倍となっていますので、大腸がんを罹患している人の生存率は高い傾向にあります。
罹患率・死亡率ともに男性よりも女性のほうが約2倍の数値となっています。

 

大腸がんの発生リスク因子には以下のようなものがあります。
肥満や飲酒、偏った食事などの生活習慣が原因であることと、大腸がんは直系の家族に大腸がんを患っている人がいる人は大腸がんの発生リスクが高くなります。また、ベーコンやソーセージ、ハムなどの加工肉は大腸がんの発生リスクを高めるといわれています。

 

大腸がんの発生リスクを抑えるには、こうした要因を取り除く必要があります。
適度な運動をして肥満を解消する、飲酒はほどほどにする、食事は栄養バランスのとれたものに変える、できるだけ加工肉の食事を避けるなど、生活習慣の改善を心がけるようにしましょう。

 

>> 遺伝子検査マイコード体験談を読む

 

肝臓がんについて

日本でも罹患率の多い肝がんは、大まかに以下の二つに分かれます。
肝臓の細胞内にできる「原発性肝がん」と、別の早期からがん細胞が転移しておきる「転移性肝がん」です。

 

「原発性肝がん」は、「胆管細胞がん」や「肝細胞がん」、「肝細胞・胆管細胞混合がん」、「小児肝細胞芽腫」などに分別されます。日本では原発性肝がんを発症したうち、90%が「肝細胞がん」と診断されます。

 

肝臓がんは肝炎ウイルスが体内に取り込まれることにより発生因子となり、いずれはがん細胞に進行して引きこされます。肝細胞内で長期にわたり炎症と再生を繰り返すうち、遺伝子の突然変異によってがん細胞へと変化していきます。

 

肝炎ウイルスには服すの型がありますが、A・B・C・D・Eなどのうち、肝臓がんに関係しているのはBとCの種類となります。このウイルスは体内から駆除しないと減りませんので、投薬での治療が中心となります。

 

肝臓のがんは進行しているのにも関わらず自覚症状があまりなく、無自覚な人が多いと言われています。逆を言えば、症状が出始める頃にはかなり悪化している状態とも言えるでしょう。

 

肝臓がんの症状として代表的なのは、全身の倦怠感、食欲不振、尿の濃染(尿の色が濃くなること)、黄疸、腹部のしこり・圧迫感、便秘・下痢などです。

 

肝炎ウイルスにかかると多くは「急性肝炎」という病気になり、知らぬ間に慢性的な肝炎に移行していくこともあります。反対に症状が出ない人もいます(無症候性キャリア)。

 

そのほか、ウイルス感染以外の肝がんの発生原因として考えられるのは、大量の飲酒と喫煙、食事に混入したカビ毒(アフラトキシン)が挙げられます。
また、糖尿病との関係性も懸念されています。

 

こうした発生リスクを抑えるには、投薬での治療はもちろんのこと、日々の生活にも気を使わなければなりません。
飲酒や喫煙はほどほどにする(禁煙をするのがイチバンですが)、生活習慣を見直す、栄養の偏らない食事にする、など、できることから始めていきましょう。

 

>> 遺伝子検査マイコード体験談を読む

 

すい臓がんについて

すい臓がんは膵がんとも呼ばれ、その90%以上が膵管の細胞にできるといわれています。
治療法としては主に患部の摘出手術が行われ、どの部分にがん細胞が発生しているかや広がり具合によって切除する部分が決まります。

 

すい臓がんの主な症状としては、胃のあたりの不快感・違和感、おなかの調子が良くない、食欲不振などです。

 

ただ、この症状は他の病気でもみられる症状ですし早期では症状があまり出ることはありませんので、すい臓がんだと断定はできないかもしれませんが、以上のような症状がある人は膵臓がんである可能性もありますので、早めに病院へ行ったほうがよいかもしれません。

 

ただ、上のような症状に加え、黄疸が出る、糖尿病を発症した(または血糖値の上昇が見られた)などの場合は、すい臓がんである可能性が高まるでしょう。
すい臓がんを発症するのは、高齢者に多いといわれています。

 

また、男性のほうが女性の1.6倍と発症率が高く、男性は特に注意されたほうが良いと思われます。なお、すい臓がんの死亡率は罹患率と等しいため、生存率はきわめて低いとされており、日本人の発症レベルは高い傾向にあります。

 

すい臓がんの発症原因として挙げられるのは、糖尿病や慢性的・遺伝性膵炎、肥満、喫煙などです。中でも喫煙は確立したリスクと考えられていますので、禁煙することを強くすすめます。

 

他にも予防法として、糖尿病にならないため(糖尿病を誘発しないため)に健康に気をつけた生活をする、運動不足を解消するなどもあります。

 

すい臓は他の臓器に囲まれているので、すい臓がんの早期発見率は低いとされています。このことも要因となり、すい臓がんは治療や診断が難しく、死亡率も高い傾向にあります。
こうしたことから、すい臓がんを発症しないようにするために予防が大事だといえるでしょう。

 

>> 遺伝子検査マイコード体験談を読む

 

乳がんについて

乳がんは女性特有のがんのひとつです。乳がんの大部分は乳管から発生します。
これを「乳管がん」と呼びます。

 

また、小葉(乳管をかこむ細胞)に発生する乳がんを「小葉がん」と呼びます。
このふたるの区別は乳がん細胞を病理検査すると判明します。

 

乳がんの主な症状として、乳房のしこりやリンパの腫れなどが挙げられます。
しこりになっている場合には、患部を注意深く触るとよく分かると思います。

 

ですがしこりは他の病気(乳腺症など)でも症状として挙げられていますので、一概に乳がんだとは言い切れません。

 

他にも、リンパの腫れは全身・乳房の倦怠感、突っ張る感じ、微熱などと言い換えれば分かりやすいでしょうか?

 

こうした症状が出る前や気付いた時に他の臓器に転移しても見付かることがあります。
転移のしやすさや拡がりやすさは乳がんの種類や性質などによって異なります。

 

また、乳がん検診時のマンモグラフィでも発見されることもあります。こうしたことから、乳がん検診はできれば受診したほうが良いと推奨されています。

 

無料で検診を行っている自治体もありますので、気になった方はお住まいの自治体や行政に一度問い合わせてみましょう。

 

乳がんの発症リスクとして挙げられるのは、関係の深い女性ホルモンのエストロゲンの濃度が高いことや、閉経後のホルモン補充療法などです。

 

また、経口避妊薬(ピル)の服用についてもリスクが高くなる可能性と考えられています。
このほか、妊娠中はエストロゲン濃度が上がるため、出産経験のない女性は出産経験のある女性よりもエストロゲン濃度が高く、これもリスクとして考えられます。

 

乳がんは30歳代から増加し、40歳~50歳代でピークを迎え、その後は減少します。

 

ホルモンバランスの関係だけでなく、乳がんは生活習慣が原因となっても引き起こるとされています。
飲酒や喫煙によりリスクが高まることは明確となっていますので、適量を守りましょう。

 

一方、閉経後の乳がんのリスクは運動によって減少するとされています。

 

>> 遺伝子検査マイコード体験談を読む

 

子宮頸がんについて

 

子宮頸がんと子宮内がんは婦人科のがんで最も多いとされています。
若年層での発生が最近では増加傾向にあり、年齢別でみると20歳代後半~40歳前後までがピークとされており、その後は横ばいで推移します。

 

子宮頸がんは子宮の入り口である「子宮頸部」に、がんの前状態である異形成(いけいせい)を経て発生し、性行為によるHPウイルス(ヒトパピローマウイルス)の感染が原因でがん細胞に変化していきます。

 

全てのヒトが感染するわけでなく、多くの場合は症状の出ないうちに排除されます。
そのほか、喫煙も子宮頸がんの発症を誘発すると認識されています。

 

子宮頚部は子宮の入り口であるため、婦人科検診にて検診しやすい場所であり、がんが発生したとしても発見しやすいといわれおり、早期発見できたならば治療は可能です。予後の状態も良好ながんです。

 

ですが、一度進行してしまうと治療は難しく、早期発見がこのがんを治癒するカギとなります。

 

子宮頸がんを患うと、月経中でない時や性行為の際に出血する・おりものが増える・月経血の増量などの症状が現れます。
これらの症状が見られたら、一刻も早く病院に行きましょう。ただ、初期の子宮頸がんは普段はあまり症状が出ないので、分かりにくいかもしれません。
ですので、注意深く様子を見ましょう。

 

子宮頸がんの予防として有効であるのは、検診の受診と禁煙です。

 

子宮頸がんの検診は2年に一度と推奨されていますので、できるだけ受診するようにしましょう。
20歳以上の女性であれば発症リスクは高まる傾向にあります。タバコを吸う人は禁煙しましょう。適度な運動も効果的だと思われます。

 

また、一部の型のHPV感染を予防できるワクチンが最近では開発されましたので、ワクチンの接種も効果的であると言えるでしょう。

 

>> 遺伝子検査マイコード体験談を読む

 

子宮体がんについて

 

子宮がんには主に2つに大別されます。
子宮の入り口である子宮頚部にがん細胞ができる「子宮頸がん」と、子宮の内側にある子宮内膜に発生する「子宮体がん」です。
子宮体がんは子宮内膜がんとも呼ばれます。

 

この2つの子宮がんは婦人科のがんでは最多の罹患率となっています

 

子宮体がんは初期では症状はほとんど無自覚であることが多いのですが、出血やおりものの増加、排尿時の痛みや排尿困難、性交時の痛みなどが現れるようであれば、一度婦人科を受診しましょう。

 

子宮体がんは初期であればあるほど、治療が可能となります。
また、手術後の予後も良好だといわれています。

 

上記で述べたような症状は子宮頸がんを罹患している場合でも同じような症状がありますので、注意が必要です。

 

子宮がんの検診は推奨されていますが、もし検診を受ける場合には、子宮体がんと子宮頸がんの両方の検診を受診すべきでしょう。

 

子宮体がんは「エストロゲン」という女性ホルモンが長時間刺激されることによって発生することもあります(そうでない場合もあります)。
エストロゲンは、肥満傾向にある・閉経が遅い・出産経験がないなどの体質や要因に関係し、これらが発症のリスクを高めるということが現段階で分かっています。

 

また、乳がんを罹患していて治療に「タモキシフェン」という薬を服用している場合、または更年期障害の治療にてエストロゲンの補充療法を行っている場合でも、子宮体がんの発生率が高まるとされています。

 

併発してしまった時は医師に相談するようにしましょう。

 

子宮体がんは若年層に多くみられる子宮頸がんと違い、閉経後の女性ならば誰しも発生の可能性があります。検診による早期発見が重要となります。
検診で発見できることが一番の手立てです。できれば検診を受けるようにしましょう。

 

子宮体がんの発症リスクを低下させるために、食事に気をつける・運動を適度にするなど生活習慣を見直し、できることから始めていくようにしましょう。

 

>> 遺伝子検査マイコード体験談を読む

 

肺がんについて

 

肺がんは日本人のがんの死亡原因第一位のがんです。
肺の気管や気管支、肺の気管の末端である肺胞の一部の細胞ががん細胞に変化したもので、他の部位に転移しやすいのが特徴となっています。

 

肺癌は喫煙習慣との関係が深い病気であり、喫煙者は特にがんになりやすいとされています。
その数値は、タバコを吸わない人よりも男性は4.8倍、女性は3.9倍とされています(2008年の統計)。
ですが吸わない人でも受動喫煙(タバコの煙を吸い込んでしまうこと)により、発症リスクが高くなる傾向にもあります。
肺がんの発症を防ぐためには禁煙が一番有効的だと思われます。

 

周囲の家族や子供などに肺がんの発症リスクをふりかけないようにしましょう。
年齢別で見る発症率(罹患率)は、死亡率とともに40歳代後半から一気に増加します。
先ほども述べたように男性のほうが発症しやすい傾向にあるようです。

 

肺がんは分類すると2つの種類に分けられます。
肺がんの15~20%を占める「小細胞肺がん」とそれ以外の「非小細胞肺がん」です。

 

小細胞肺がんは増殖するスピードが速いのが特徴で、他の部位に転移しやすく、また悪性度の高いがんとされています。
非小細胞肺がんは腺がんや扁平上皮がん、大細胞がんなども含まれます。

 

がんの種類により進行具合や症状などは異なりますが、放射線での治療は難しいとされているのが特徴です。

 

これらのがんの症状として一般的なのは、なかなか治らない咳(体温は高くない)、血痰が出る、胸の痛み、喘鳴、声枯れなどがあります。

 

風邪の時の症状とよく似ていますので間違えやすいですが、あまりにも長く続くようでしたら、肺がんの可能性を疑い、病院にて肺がん検診を受けるようにしましょう。また、症状がまったく出ずに病気が進行しており、肺がん検診や胸部のレントゲンなどで肺がんが判明することもあります。

 

肺がんの予防には「禁煙」が一番です。
すぐにすっぱりと辞めることが難しいという人は、一日の本数を減らすことから始めていきましょう。

 

>> 遺伝子検査マイコード体験談を読む

 

甲状腺がん(前立腺がん)について

 

甲状腺がんは数種あるがんの種類の総称で、若い年齢の女性に多くみられる「乳頭がん」がその約半数を占めます。
その他は、骨や肺に転移しやすい「濾胞がん」、遺伝が関係することもある「髄様がん」、男性に多い「未分化がん」のほか、悪性度の高い「悪性リンパ腫」などが甲状腺がんとされています。

 

甲状腺がんは症状が出ることはあまりなく、のどぼとけ付近のしこり以外では自覚症状がないのが特徴です。

 

甲状腺がんの一部は悪性度の低い分化型に分類されており、がん細胞の増える速度は遅く、進行も遅いとされています。
若年層の予後は良好であるため、手術にて摘出することで、がんの転移は抑えられます。

 

一方、前立腺がんとは男性特有のがんです。
がん細胞が前立腺細胞に発生して起きるもので、遺伝的な部分が深く関係しているといわれていますが、なぜがん細胞化するのかはまだ不明とされています。

 

前立腺がんはリンパ液の流れに乗り、前立腺周辺のリンパ節や骨に転移することが多いです。
また、肺や肝臓にも転移するおそれがあります。

 

進行が比較的ゆっくりであるので、発見が早期であればがん細胞の摘出手術や放射線治療によって治癒します。
また、予後も良好である傾向が高いです。

 

発症リスクとして考えられるのは、乳製品やカルシウムなどです。
これらを多量に摂取するなどすると、現段階ではがん発症との関係性があるとして私的されています。

 

前立腺がんの主な症状としては、尿が出にくい、残尿感、夜中のトイレの回数が増える、尿漏れなどです。

 

これらは加齢と共にあらわれる症状でもあり、前立腺がんの発症率(罹患率)も加齢と共に増加傾向にありますが、一概に前立腺がんだとは判別できません。
これらの症状が長く続くようであれば医師の診察、またはがん検診を受けるようにしましょう。

 

>> 遺伝子検査マイコード体験談を読む

 

精巣がんについて

 

精巣がん(精巣腫瘍)とは、男性の生殖器である睾丸の中にある精巣に、がん細胞が発生するがんのことです。精巣がんは他の多くのがんと異なり、若年層(20歳代~30歳代)の発症率が高い傾向にあります。

 

多くの場合、精巣の細胞ががん化する理由や原因は分かっていませんが、家族に同じ病気の人がいる場合などはリスク因子として考えられる、とされています。

 

また、停留精巣(乳幼児期の精巣の異常状態)があったとき、もう一方の精巣に腫瘍があった場合、男性不妊症(特に精液検査で異常のあった男性)でも発症のリスクとして考えられるといわれています。

 

精巣腫瘍の罹患率は10万人に1人程度とされており、珍しいがんとされています。
死亡率は低いので、生存率・予後の良好ながんです。

 

精巣がんの主な症状として考えられるのは、片方の精巣の腫れや硬さなどが挙げられます。

 

ですが多くの場合は痛みなどを伴わないので、がんが進行して悪化するまで気付かないことが多いようです。

 

精巣がんは短期間で他の臓器に転移をしますので、転移によって起こった症状により、精巣がんだと判明することもあります。

 

治療には主に放射線治療が用いられます。ですが、どのがん細胞が関与しているか(腫瘍マーカーの値)によって治療方法が異なります。

 

セミノーマ(精上皮腫)では放射線治療と抗がん剤の投薬を組み合わせて治療をを行い、非セミノーマでは抗がん剤での治療が主となります。

 

先ほども述べましたが、精巣がんの発症原因については現段階では詳しく解明されていません。

 

>> 遺伝子検査マイコード体験談を読む

 

卵巣がんについて

 

女性にはとても気になる病期の一つに卵巣がんがあります。卵巣が病気になってしまうと卵子が作れなくなってしまします。

 

卵巣は子宮の左右に一つずつあり、大きさは親指ほどで排卵と女性ホルモンを分泌している大切な臓器です。
この卵巣に腫瘍ができることを「卵巣癌」といいます。

 

腫瘍には良性のものと悪性のものとがあり、卵巣癌の場合85%が良性と言われています。
急激に増え・他の臓器への転移が見られる場合が悪性で、進行がゆっくりで他の臓器への転移が見られない場合が良性です。

 

「卵巣癌」の90%が上皮性腫瘍で、40~50代の女性に多いがんです。
「卵巣癌」は沈黙のがんと言われるほどほとんど自覚症状が感じられないため、自覚症状が出た状態で受診するとかなり進行しているケースが多いようです。

 

症状の特徴には「腹部に違和感を感じる」「お腹が出てきた」「頻尿気味になった」という方が多く、このような症状が2週間ぐらい続くようでしたら一度婦人科を受診されることをおすすめします。

 

20代・30代でも卵巣癌になられる方はいらっしゃいます。年齢に関係なく年に一度は検診を心掛け早期発見できるようにしましょう。

 

「卵巣癌」同様に女性特有の病気に「子宮癌」もあります。
子宮癌も40~50代の女性に多く見られ、この年代で多い原因に女性ホルモンのバランスの変化が大きく作用しているようです。

 

月経はホルモンの作用によって引き起こされます。
脳の中の視床下部からゴンドトロピンというホルモンが卵巣に作用し、卵巣から出ている女性ホルモンの一つエストロゲンがプロゲステロンより過剰に分泌されると、子宮の内側が分厚くなり癌になりやすくなります。

 

不正出血など出ているようでしたら一度きちんと検査を受けておいた方が良いと思います。

 

予防法としては「月経不順を放置しない・低用量のピルを摂取する・適切な体重を維持し肥満にならない」という方法があるそうです。
気になる方は医師の診断を受け必ず指示に従って行って下さい。

 

ホルモンのバランスは中々自分ではコントロールでき無いものです。女性の場合、閉経が近づくと卵巣の働きが落ちる為、卵巣から分泌されるエストロゲンが減少します。この変化に体が付いていけなくなり、自律神経失調症などの更年期障害を引き起こすそうです。

 

この病気の予防法はホルモン補充療法と呼ばれるものがあり、エストロゲンの急激な減少に対して必要なホルモンを補充してあげる方法です。

 

ホルモンを適切な量、補充することにより急激な変化を緩やかな変化へと変えることにより身体をならしていく治療法です。

 

更年期だからとほっておかずホルモンを整えることで快適な生活が送れます。

 

その他の子宮内膜症や子宮筋腫などもホルモンバランスの乱れによるものが多いようです。
ホルモンバランスを整えれば女性特有の病気を発症するリスクを減らすことが可能です。

 

そのためにはホルモンバランスを整える食事を摂ることが大切です。

 

女性特有のがんもあれば男性には男性特有の膀胱がん・前立腺がんがあります。
食道がん・大腸がん・甲状腺がんなどがんにはたくさんの種類があります。

 

「卵巣癌」をはじめ多くのがんは食事・運動・飲酒・喫煙などの食事・生活を改善することで発症リスクを下げることが可能です。