デング熱の発症リスクと改善方法

 

2014年の夏、日本国内はあるニュースでもちきりになりました。70年ぶりにデング熱の国内感染者が報告され、瞬く間に日本中に広まりました。報道番組やニュース番組で大々的に取り上げられ、聞きなれないウイルスに感染している蚊のニュースに日本中が騒然としたものです。

 

発生源は東京の代々木公園と報道されていましたが、その後の調査で代々木公園以外の場所での感染が疑われる患者が発生したことで、ウィルスを保持している蚊が複数個所に生息地を広げた疑いが出てきました。
160人もの人が感染しましたがその後、冬を迎え蚊の活動が少なくなり感染者も報告されなくなり騒ぎも落ち着きましたが油断は禁物です。

 

ウィルスに感染した蚊が卵を産み付けていたら、孵化して幼虫から成虫になり人間をさすようになるかもしれません。蚊の発生を防ぐ対策を取るように注意しないといけません。

 

デング熱とはネッタイシマカやヒトスジシマカと呼ばれる蚊によって媒介するデングウイルスの熱性感染症です。媒介する蚊の生息地は主にアジア、アフリカ、中南米などの熱帯・亜熱帯地域です。

 

日本では知られていなかったデング熱ですが、世界ではたびたび流行しており死者まで出ているとの報告もあります。世界ではそれほど珍しい病気ではないようです。日本に近い地域ですと台湾にも生息しており流行することもありますので、旅行の計画があるならズボンに長袖など蚊にさされないように自衛対策を心掛けましょう。

 

デングウイルスを保持している蚊にさされると、潜伏期間2日~10日ほどで次のような症状が現れます。風邪のような発熱(38度以上)・頭痛・嘔吐・発疹などがあらわれます。症状が風邪と似ているためデングウイルスに感染していると気付いていない人も多いようです。

 

これといった治療法やワクチンなどもありませんが、症状が軽い場合は点滴などで回復していくようです。しかし稀に重症化することがあり、消化管出血や低血圧症などを発症し適切な治療を施さないと命を失うこともあります。幸い日本では重症化した方もなくすみました。

 

デング熱に関しては厚生労働省のホームページでも「デング熱に関するQ&A」を設置しており、ワクチンの有無や治療薬の有無などQ&A形式で分かりやすく解説しています。また日本中が大騒ぎになったため日経サイエンスや日経ビジネスでもコラムで取り上げられていますのでデング熱に関してご存知のかたも多いかもしれません。

 

診断には発症前2週間以内に渡航歴があるか、またデング熱の症状と一致するか、血液検査でデングウイルスを検出し初めて確定されます。
デング熱は出血や死にも至ることがあるということで恐れられていますが、感染された方の大部分はほとんど症状を感じない、または風邪をひいたと勘違いされそのまま回復されているようです。

 

しかし妊娠中の女性や糖尿病にかかっている人や乳幼児が感染すると重症化しやすい傾向にあるようです。免疫力が低下している人はウィルスに対する抵抗力が低いので重症化しやすいようなので注意しましょう。

 

またデングウイルスには4つの型があり、1つの型に感染して回復しても別の型に感染すると消化器系からの出血を伴い重症化しやすい傾向があるようなので症状が現れたら直ぐに医療機関を訪れましょう。

 

デングウイルスへの危機から、医療器具開発の企業がデングウイルスを数分で調べられる器具の開発を行い行政などへ販売が行われているようです。デングウイルスの検査は有料ですが保険適用されたことから患者の自己負担額も少なく700円ほどで受けることが可能になりました。

 

しかし条件があり「患者の集中治療に対応できる保険医療機関に入院を要する場合に限る」ということで、入院が必要な重篤な人が対象という限定的なものです。

 

これでは早期発見・早期治療に役立てることができないため、全ての医療機関でも検査できるようにすることが課題となりそうです。
皆さんがご存知の通り、近年地球温暖化により様々な現象が起きており、それは生物の環境をも変化させています。蚊の生息地域が拡大しているとある専門家もコメントを出していました。行政だけでなく個人が対策を報じなければいけなくなっているのではないでしょうか。

 

蚊の発生防止の強化月間を設け、感染の拡大や流入阻止を行う事は大切ですが、家庭でも庭先などで水がたまらないようにするなどちょっとしてことで蚊の発生を防ぐことができます。
恐ろしいウイルスを持った蚊を発生させないように注意しましょう。