COPD(慢性閉塞性肺疾患)の発症リスクと改善方法

 

近頃は健康ブームで昔と比べると喫煙者の数は低下しています。しかしまだ吸われている方の姿を大勢見かけられます。たばこの煙には有害な物質が含まれており、この有害物質を長期間喫煙していると慢性閉塞性肺疾患を発症する恐れがあります。

 

慢性閉塞性肺疾患は慢性気管支炎や肺気腫の総称で以前は区別されていましたが、この2つの疾患が同時に発症することが多いため統一して呼ばれるようになりました。慢性閉塞性肺疾患はCOPDとも呼ばれ、増加傾向にあり、重症化すると呼吸不全を起こし死に至ることから懸念されています。

 

COPDを引き起こす原因はタバコです。タバコを吸うと有害物質が含まれている煙が気管を通って肺の中の気管支やさらに奥の細気管支へと流れていき肺胞にまで達します。肺胞では酸素と二酸化炭素の交換が行われるのですが、有害な煙により肺胞が破壊されてしまうのが慢性閉塞性肺疾患です。この病気にかかるとせきやたんなどの症状や、気管が細閉塞して空気の流れが低下します。

 

肺気腫とはブドウのような小さな袋状の組織である肺胞の壁が壊されたり、肺胞壁が拡大してしまい肺全体の機能を低下させる病気です。酸素や二酸化炭素の入れ替えが上手くできなくなるため直ぐに息切れを起こしてしまいます。

 

慢性気管支炎とは気管支が炎症を起こしていて、痰がらみのせきが2年間の間に繰り返し起こる状態が続くことを言います。このような状態が続くとせきや痰だけでなく気管支壁が分泌液により壊されるようになります。呼吸困難やチアノーゼなどの症状のほかに、心不全も併発する恐れも出てきます。

 

さらに肺気腫という状態になると上手く酸素を取り込んだり二酸化炭素を排出することができないようになります。肺気腫を発症した場合は治療による完治は難しいと言われています。

 

COPDにかかっていてもせきやたんが出ていても仕事が忙しいなどの理由で中々受診されていない方が大多数のようです。せきやたんが慢性的にあり、運動などをすると呼吸がしずらく喫煙歴が長期にわたるようですとCOPDが疑われますので、病院で受診されることをおすすめします。

 

病院では胸部X線検査と肺検査としてスパイロメトリーという呼吸機能検査を行い、肺活量から気道が細くなっている状態を診断します。COPDは肺が炎症をおこすだけでなく、栄養障害・骨粗しょう症・骨格筋の機能障害をともなう全身性の疾患です。ですので治療にはCOPD以外の病状を含めて治療に当たらなくてはなりません。

 

喫煙を続けていると呼吸機能がますます悪化してしまいますので、増悪をさけるため禁煙が治療の基本となります。治療には薬物療法として長時間気管支を広げる吸入型の気管支拡張薬が使用されます。

 

非薬物療法では呼吸リハビリテーション・運動療法・食事療法がおこなわれます。呼吸リハビリテーションとは病気によって侵された肺機能を出来る限り回復または維持していくことです。患者さんが自立した生活を送れるように色々な治療によって生活のレベルを落とさないように心掛けた治療が施されます。

 

COPDの急性増悪とは、痰がらみのせきが増加して、息切れなど症状が悪化することを言います。たんの色も黄色や緑色など色が付くようになり、発熱や全身の痛みを発症することがあります。ウイルスや細菌の感染により引き起こされることもあるため、治療でインフルエンザワクチン・肺炎球菌ワクチンの接種をすすめられます。

 

また増悪を繰り返す患者さんには吸入ステロイドと長時間気管支拡張薬の配合した薬が処方されます。薬により増悪が減少して生活のレベルが改善しています。

 

しかし病状が進行し、肺が壊されてしまった場合はうまく作用しなくなった肺の一部を切除する手術が施されます。
予防法は禁煙に限ります。タバコを吸われているならできるだけ早く禁煙に取り組みましょう。