脂質異常症の発症リスクと改善方法

 

最近は健康志向の商品がスーパーなどでも数多く陳列されています。サラダオイルでは「コレステロールゼロ」などの商品を良く見かけます。「リノール酸」はコレステロールを下げる効果があり「健康にやさしい油」として広まっています。

 

コレステロールには善玉と悪玉があり、善玉は身体に良く、悪玉は身体に悪いというイメージではないでしょうか。実はこのイメージはコレステロールの働きに影響しているからなんです。

 

コレステロールとはどんなもので、どういう働きをしているのか説明しましょう。
コレステロールとは脂質の一種であり細胞膜を作る上で欠かせない物質です。また生命維持に欠かせないホルモンの材料にもなります。コレステロールには善玉コレステロール(=HDL)と悪玉コレステロール(=LDL)があります。

 

善玉コレステロールは血管内の余分なコレステロールを肝臓に運び、悪玉コレステロールは肝臓から必要なコレステロールを血管を通って体中に運んでいきます。このとき余分にあまったコレステロールは血管内にたまり血管内の壁にへばりつき、これが動脈硬化の原因の元になります。このため悪玉コレステロールは病気を引き起こす悪いイメージになったのでしょう。

 

悪玉コレステロールや中性脂肪が血液中に過剰にある状態、また善玉コレステロールが少ない状態を脂質異常症と言います。悪玉コレステロールと同様に中性脂肪も体内で多くなりすぎると肥満につながり、動脈硬化を引き起こしやすくなります。

 

動脈硬化は心臓病(狭心症や心筋梗塞などの冠動脈疾患)や脳卒中など様々な病気の元だと言われています。動脈硬化の原因・予防に対する研究が行われており、研究の結果を踏まえて動脈硬化の原因の一つである脂質異常に診断基準が設けられるようになりました。

 

診断基準は4つに分類され、空腹時の血液中の脂質を測りコレステロール・トリグリセライドの数値を基準に当てはめます。治療の適応はこの数値であっても他の危険因子が加わると冠動脈疾患を発症するリスクが上がるかを検討した上で判断されます。

 

患者さんによってリスク要因が異なることから管理目標を設定して治療にあたります。脂質異常症は糖尿病と似ていて自覚症状を感じにくいため知らない間に進行していることが多いのが特徴です。

 

脂質異常症の原因は食べ過ぎやアルコールの飲み過ぎ・運動不足・タバコなど不健康な生活を送ることで発症します。

 

食べ過ぎやアルコールを飲み過ぎるとコレステロールや中性脂肪の過剰摂取につながります。ここで糖尿病などを併発すると中性脂肪がさらに蓄えられます。喫煙は血圧を上昇させ心臓に負担をかける上、善玉コレステロールの働きを低下させる要因になります。内臓脂肪も中性脂肪の増加と善玉コレステロールの低下を招きます。

 

不健康な生活は脂質異常症を引き起こす危険要因が盛りだくさんなのです。
このような不健康な生活とは関係なく遺伝による脂質異常症があります。これは「家族性高コレステロール血症」と呼ばれ、家族歴の中に脂質異常や動脈硬化症疾患の有無を調べ、詳しい検査により確定診断が下されます。

 

遺伝による脂質異常でない場合は食生活と生活習慣が原因ですから、お肉が中心の食生活に野菜をたくさん取り入れた食事を心掛け、中性脂肪をためないようにランニングなどの適度な運動を行ったりします。また仕事などによるストレスを取り除くためにリラックスの時間を取り入れたり生活習慣を改善する必要があります。

 

食事療法を3~6ヶ月ほど行ってもコレステロール値・中性脂肪の値が低下せず効果がみられない場合は薬物療法による治療に変更されます。薬物療法は食事療法と並行して行われます。食事療法で血液を正常な状態にしておかないと、薬でコレステロール値を下げても直ぐにもどってしまします。

 

男性に比べると女性はコレステロールが高くはありませんが、閉経するとホルモンの変化から女性でもコレステロール値の上昇が男性より上回る傾向にあります。食生活を見直すことが必要になってきます。

 

循環器病である心臓病や脳卒中は遺伝によるリスクもあるので、発症リスクを知ることができれば生活習慣を改めるきっかけになるのではないでしょうか