痛風の発症リスクと改善方法

 

健康診断などを受けられると検査結果に尿酸値という項目があると思います。この項目の数値が高いと痛風と呼ばれる病気になる可能性があります。この値が7.0mg/dl以上になると高尿酸血症という状態を示し、この値を超えると尿酸が結晶になりやすくなるので要注意です。

 

痛風とはこの尿酸が体内にたまり関節に結晶となってはりつき関節炎を引き起こす疾患です。
風に吹かれただけでも痛いという謂れもあるほど激痛を伴い、突発的に起こるので痛風発作ともよばれることがあります。
1週間ほど痛みますがしだいにおさまります。痛みが治まったからといって痛風が治ったわけではありません。

 

痛風をほおっておくと初め足の親指だけが腫れ痛かったのが、他の関節まで炎症を起こしついには腎臓までやられます。腎臓の機能が低下すると尿毒症を発症します。尿毒症とは体内の老廃物が尿に排泄されず体内にたまってしまう状態をいいます。

 

腎臓は尿を排泄するだけの臓器ではありません。老廃物のろ過、体液やイオンバランスの調整、ホルモンの産生、血圧の調整など生命維持に欠かせない臓器です。腎臓の機能が著しく低下すると人工透析という選択をしなくてはいけなくなります。腎臓は一度機能を低下すると完治は難しいと言われています。

 

痛風にかかっている人は肥満・高血圧・高脂血症など他の病気を患っていることが多いため治療も薬物療法だけでは治すことができません。

 

痛風の治療は痛風関節炎と高尿酸血症を治す2つの治療を施します。まずは尿酸値を下げる前に激痛である痛風発作を治すために非ステロイド性抗炎症薬を使用します。これにより関節炎の症状と痛みを和らげます。

 

腎機能が低下している場合は副腎皮質ステロイドを使用します。
痛風発作が落ち着いたら高尿酸血症の治療として尿酸値を正常値まで下げる治療を行います。これには薬物療法と食事療法が基本となります。

 

ベンズブロマノンという尿酸排泄促進薬で尿酸の吸収を抑えて排泄を促すものと、尿酸が作られにくくする尿酸生成抑制薬アロプリノールがあります。これらの薬の使用は高尿酸血症のどのタイプ化によって変わってきますので医師の指示に従い正しく服用してください。

 

尿酸値が高いとかなりの確率で腎結石や尿路結石を引き起こします。体内でたまった尿酸が結晶となり腎臓にたまったり、尿管につまり激しい激痛に襲われます。このような状態にならないようにするためには薬で尿酸値を下げるだけでなく、食事療法を取り入れ尿が酸性になるのを防ぐ治療が必要になってきます。一時的に薬で下げるのではなく再発を防ぐために食事療法で抑える目的があります。

 

食事はアルカリ性食品である野菜・牛乳・バナナ・大豆などをとるように心掛けましょう。肉やビールなどは尿を酸性にしやすいため控えるようにしましょう。この痛風の影響でビール業界は痛風の原因であるプリン体が入っていない「プリン体ゼロ」をウリにした発泡酒まで発売しています。尿酸はプリン体から作られるため、食事からプリン体の多量摂取を制限した方が良いのです。

 

痛風患者のほとんどが男性で、女性の発症率が少ないのは女性ホルモンであるエストロゲンが腎臓から尿酸の排泄を促すためと言われています。しかし女性ホルモンは閉経すると減少するので女性も閉経後は痛風にかかりやすくなります。

 

痛風患者の特徴としてある特定の遺伝子ABCG2に変異が見受けられました。これは腎臓の尿酸処理に関連する遺伝子です。これにより痛風は遺伝的要因が起因していることがわかりました。