歯周病の発症リスクと改善方法

 

身近な病気の一つに歯周病が歯あります。歯周病とは歯と歯茎の間の歯周ポケットに歯周病菌と呼ばれる細菌に感染することで歯肉に炎症を引き起こす病気です。悪化するとひどいと歯周炎になり歯を支える骨まで溶かしてしまい、歯が抜け落ちることもあります。日本人の歯を失う原因のトップだと言われています。

 

歯周病にかかると初期は歯茎からの出血や腫れなどの症状が現れます。しかし出血の量も少なく痛みを伴わないのでついつい放置しがちです。歯茎がぶよぶよする・歯がぐらぐらするなど症状が進んでから歯医者に行くことが多いようです。初期に適切な治療を行えば進行を防げる病気なので、放置せず直ぐに歯医者に行き治療しましょう。

 

歯周病になるメカニズムですが、歯がきちんと磨けてないと歯と歯茎の間の歯周ポケットに歯垢であるプラークがたまります。プラークにはもの凄い数の細菌が存在し、この細菌が繁殖することで歯周病に侵されます。炎症などの症状は細菌が発する毒素が原因で、歯茎が赤く腫れたり、出血を引き起こします。

 

またプラークをそのままにしておくと硬い歯石に変化し、歯周ポケットはさらに深くなりどんどんプラークがたまりやすくなります。このようにして歯周病は悪化していきます。歯石は歯磨きでは取り除くことができないので歯医者さんでキレイにとってもらいましょう。

 

口の中は清潔のような気がしますが、実は非常にたくさんの細菌が存在しており、300種類以上の細菌が1000億個以上いるそうです。あまり磨いていない方は4倍にもなるそうです。これらの細菌は夜寝ている間に爆発的に増えます。寝ている間は口を動かさないので唾液の分泌が少なくなるため口内の細菌が増加するそうです。

 

このように口の中には細菌が常にいて歯周病になりやすい環境なのです。その上タバコ・ストレス・糖尿病などによって歯周病を悪化させてしまうのは避けたいものです。

 

ストレスや喫煙などは歯の健康に良くないのをご存知でしょうか。特に喫煙は要注意です。周りでタバコを吸っている人の煙を吸い込んでしまうことを受動喫煙といい、受動喫煙もタバコの煙を吸っているのと同じような状態なので気を付けないといけません。

 

タバコは呼吸器疾患・がんなど多くの病気の原因になることは知られています。当然口からその煙を吸い込むのですから口は直接影響を受けてしまいます。

 

煙にはニコチンなど有害な物質が含まれているため、免疫機能を下げてしまい歯周病を悪化させます。タバコの他に糖尿病も歯周病を悪化させる原因の一つであると言われています。糖尿病になってしまうと免疫力・抵抗力が低下するので感染症にかかりやすくなります。

 

歯周病はきちんと治さないと後々大変な思いをする病気です。歯周病が原因で歯が抜け落ちた場合、インプラントで人工の歯を埋め込めばいいと思うかもしれませんがそう簡単にはいかないんです。歯が抜けるということは、歯周病が歯を支えるあごの骨を溶かしてしまっているからなんです。インプラントとはあごの骨にインプラントと呼ばれる人口歯根を植え込む手術で、あごの骨が十分にないと出来ません。

 

インプラントをするにはまずきちんと歯周病を治してからでないと、歯周病が治っていない状態でインプラントを埋め込んでもまた抜け落ちる可能性があります。あごの骨が溶けてからでは完全に元に戻すのはきわめて困難な治療になります。

 

歯周病にならないために自宅で行うホームケア・歯科検診・オーラルケアなどの歯周病予防を行いましょう。ホームケアはただ従来通りの歯磨きをするのではなく、歯医者さんで正しいブラッシング指導・デンタルフロスなど歯周病から歯と歯茎を守る色々な方法を学んでからお家で実践しましょう。