遺伝子検査と関係する病気記事一覧

食道がんについて食道癌には、食道の内部にある平坦な細胞・扁平上皮細胞にがんが発生する「扁平上皮細胞がん」と、胃に近い場所の食道にがん細胞が発生する「腺がん」の2種類があります。主にこのふたつの食道がんが一般的とされています。食道がんのリスク因子として考えられるものは先ほど述べましたが、必ずしもひとつの要因が原因ではありません。食道がんは食道内の細胞が悪性腫瘍に変化していくものですので、食道に関連す...

食道がんの発症リスクと改善方法食道がんは、食道内の組織部に悪性の腫瘍が認められる病気です。喫煙や大量の飲酒、パレット食道(食道下部の内部に存在する細胞が変化したり、細胞が異常な状態に変化している状態のこと)などが原因として考えられています。また、高齢者や男性に食道がんが多くみられるようです。食道癌には、食道の内部にある平坦な細胞・扁平上皮細胞にがんが発生する「扁平上皮細胞がん」と、胃に近い場所の食...

胃がんの発症リスクと改善方法胃がんとは、胃の壁の内側部位にある細胞が、がん細胞に変化して起こる病気です。検診などで見付かるようなサイズになるまで数年かかると言われており、また患者本人も無自覚無症状であることが多く、本当に初期の頃の胃がんは発見しにくいため検診で発見できることは少ないかもしれません。主な症状としては、胸・胃の痛みや不快感、違和感、胸焼け、食欲がなくなる、吐き気などが挙げられます。胃炎...

大腸がんの発症リスクと改善方法日本人に多くみられる大腸がんはS字結腸と直腸に発生しやすいといわれています。大腸がんは大腸の粘膜細胞から発生し、腺腫(良性腫瘍)の一部ががん細胞と化したものと、正常な状態にある粘膜から直接発生するものもあります。疾患が進行するスピードは緩やかですが、進行につれ別の臓器(リンパ節や肝臓、肺など)に転移します。症状として代表的なのは血便や下血、下痢と便秘を繰り返す、腹痛、...

肝臓がんの発症リスクと改善方法日本でも罹患率の多い肝がんは、大まかに以下の二つに分かれます。肝臓の細胞内にできる「原発性肝がん」と、別の早期からがん細胞が転移しておきる「転移性肝がん」です。「原発性肝がん」は、「胆管細胞がん」や「肝細胞がん」、「肝細胞・胆管細胞混合がん」、「小児肝細胞芽腫」などに分別されます。日本では原発性肝がんを発症したうち、90%が「肝細胞がん」と診断されます。肝臓がんは肝炎...

すい臓がんの発症リスクと改善方法すい臓がんは膵がんとも呼ばれ、その90%以上が膵管の細胞にできるといわれています。治療法としては主に患部の摘出手術が行われ、どの部分にがん細胞が発生しているかや広がり具合によって切除する部分が決まります。すい臓がんの主な症状としては、胃のあたりの不快感・違和感、おなかの調子が良くない、食欲不振などです。ただ、この症状は他の病気でもみられる症状ですし早期では症状があま...

乳がんの発症リスクと改善方法乳がんは女性特有のがんのひとつです。乳がんの大部分は乳管から発生します。これを「乳管がん」と呼びます。また、小葉(乳管をかこむ細胞)に発生する乳がんを「小葉がん」と呼びます。このふたるの区別は乳がん細胞を病理検査すると判明します。乳がんの主な症状として、乳房のしこりやリンパの腫れなどが挙げられます。しこりになっている場合には、患部を注意深く触るとよく分かると思います。で...

子宮頸がんの発症リスクと改善方法子宮頸がんと子宮内がんは婦人科のがんで最も多いとされています。若年層での発生が最近では増加傾向にあり、年齢別でみると20歳代後半~40歳前後までがピークとされており、その後は横ばいで推移します。子宮頸がんは子宮の入り口である「子宮頸部」に、がんの前状態である異形成(いけいせい)を経て発生し、性行為によるHPウイルス(ヒトパピローマウイルス)の感染が原因でがん細胞に変...

子宮体がんの発症リスクと改善方法子宮がんには主に2つに大別されます。子宮の入り口である子宮頚部にがん細胞ができる「子宮頸がん」と、子宮の内側にある子宮内膜に発生する「子宮体がん」です。子宮体がんは子宮内膜がんとも呼ばれます。この2つの子宮がんは婦人科のがんでは最多の罹患率となっています子宮体がんは初期では症状はほとんど無自覚であることが多いのですが、出血やおりものの増加、排尿時の痛みや排尿困難、性...

肺がんの発症リスクと改善方法肺がんは日本人のがんの死亡原因第一位のがんです。肺の気管や気管支、肺の気管の末端である肺胞の一部の細胞ががん細胞に変化したもので、他の部位に転移しやすいのが特徴となっています。肺癌は喫煙習慣との関係が深い病気であり、喫煙者は特にがんになりやすいとされています。その数値は、タバコを吸わない人よりも男性は4.8倍、女性は3.9倍とされています(2008年の統計)。ですが吸わ...

甲状腺がん(前立腺がん)の発症リスクと改善方法甲状腺がんは数種あるがんの種類の総称で、若い年齢の女性に多くみられる「乳頭がん」がその約半数を占めます。その他は、骨や肺に転移しやすい「濾胞がん」、遺伝が関係することもある「髄様がん」、男性に多い「未分化がん」のほか、悪性度の高い「悪性リンパ腫」などが甲状腺がんとされています。甲状腺がんは症状が出ることはあまりなく、のどぼとけ付近のしこり以外では自覚症...

精巣がんの発症リスクと改善方法精巣がん(精巣腫瘍)とは、男性の生殖器である睾丸の中にある精巣に、がん細胞が発生するがんのことです。精巣がんは他の多くのがんと異なり、若年層(20歳代~30歳代)の発症率が高い傾向にあります。多くの場合、精巣の細胞ががん化する理由や原因は分かっていませんが、家族に同じ病気の人がいる場合などはリスク因子として考えられる、とされています。また、停留精巣(乳幼児期の精巣の異...

卵巣がんの発症リスクと改善方法女性にはとても気になる病期の一つに卵巣がんがあります。卵巣が病気になってしまうと卵子が作れなくなってしまします。卵巣は子宮の左右に一つずつあり、大きさは親指ほどで排卵と女性ホルモンを分泌している大切な臓器です。この卵巣に腫瘍ができることを「卵巣癌」といいます。腫瘍には良性のものと悪性のものとがあり、卵巣癌の場合85%が良性と言われています。急激に増え・他の臓器への転移...

慢性骨髄性白血病の発症リスクと改善方法白血病は白血球が過剰に増加する病気だと言うことは映画やドラマなどで取扱われたこともあり知っている方も多いのではないでしょうか。血液のがんと呼ばれるものに「白血病・多発性骨髄腫・悪性リンパ腫も」があります。これは造血幹細胞がどの過程でがんになったのかで異なってきます。白血病は造血幹細胞が分化を行う初期の時点でにがんに侵された病気です。白血病を患っている患者さんの...

髄膜腫の発症リスクと改善方法髄膜腫という病気は聞いたことが無い方が多いと思いますが脳腫瘍なら聞いたことのある方も多いと思います。髄膜腫は脳腫瘍の一つで脳腫瘍の多くが髄膜種のようです。髄膜腫ですが最近では脳ドックなどで偶然見つかったり、頭部をぶつけてCTスキャンをとり発覚するなど症状が無い状態で見つかることが多いそうです。これは髄膜種のほとんどが良性のものが多く、症状があまり感じられないため発生して...

歯周病の発症リスクと改善方法身近な病気の一つに歯周病が歯あります。歯周病とは歯と歯茎の間の歯周ポケットに歯周病菌と呼ばれる細菌に感染することで歯肉に炎症を引き起こす病気です。悪化するとひどいと歯周炎になり歯を支える骨まで溶かしてしまい、歯が抜け落ちることもあります。日本人の歯を失う原因のトップだと言われています。歯周病にかかると初期は歯茎からの出血や腫れなどの症状が現れます。しかし出血の量も少なく...

痛風の発症リスクと改善方法健康診断などを受けられると検査結果に尿酸値という項目があると思います。この項目の数値が高いと痛風と呼ばれる病気になる可能性があります。この値が7.0mg/dl以上になると高尿酸血症という状態を示し、この値を超えると尿酸が結晶になりやすくなるので要注意です。痛風とはこの尿酸が体内にたまり関節に結晶となってはりつき関節炎を引き起こす疾患です。風に吹かれただけでも痛いという謂れ...

高血圧の発症リスクと改善方法お父さん世代では高血圧が話のネタになっているほど多くの方がかかっている疾患です。高血圧とは血圧が高い状態を言います。では血圧が高い状態とはどんな状態でしょう。運動などをすると血圧は上昇しますがこれは一時的なものですから、直ぐに血圧は下がるので高血圧とは言えません。高血圧は運動もしていないのに常に血圧が基準値より高い状態にあることをいいます。心臓から血液は血管に送り出され...

心筋梗塞の発症リスクと改善方法心筋梗塞は年間10万人以上の方が発症しており、生活環境の変化から近年増加傾向にあります。この病気は女性より中高年の男性に多い病気のイメージがありますが心筋梗塞とは一体どんな病気なのでしょう。心筋梗塞は冠動脈疾患の一つです。心臓の表面には冠動脈という生命維持に重要な血管があります。冠動脈から心臓の筋肉である心筋に酸素と栄養が送られるため、心臓は休むことなく動きつづけるこ...

肺動脈性肺高血圧症の発症リスクと改善方法肺動脈性肺高血圧症と言う病気をご存知の方はほとんどおられないかもしれません。原発性肺高血圧症と呼ばれてたものも含めて肺動脈性肺高血圧症と言います。この病気は安静にしている状態だと健常者と何ら変わりなく見えるので、周りから誤解を受けてしまうことがあるようです。このような辛い体験談を耳にします。発症する割合ですが100万人に1人という稀な疾患で、特徴として女性の...

心不全の発症リスクと改善方法心不全と聞くと以前は「心臓が急に止まってしまう病気」という認識でした。心臓は全身に血液を送るポンプの役割をしている臓器です。このポンプの働きが低下して全身に必要な血液を送ることのできない状態を心不全と言います。全身に必要な血液を送ることができなくなるため、身体の様々な部分に異常がでてきます。心不全になると十分な酸素を含んだ血液が体を流れないため息切れや疲労感に襲われます...

脳梗塞の発症リスクと改善方法俳優・タレントなどさんで脳梗塞で倒れたと言うニュースを聞かれたことがあると思います。後遺症もなく元気な姿を見るとホッとします。脳梗塞というと後遺症が残ってしまうというイメージがあり、早期に発見・適切な処置を施せば後遺症に悩まされるリスクが減ることが判断でき少し安心しました。脳の疾患で脳卒中や脳梗塞を聞いたことがあると思います。脳卒中は一般的な呼び名で医学的には脳血管障害...

脂質異常症の発症リスクと改善方法最近は健康志向の商品がスーパーなどでも数多く陳列されています。サラダオイルでは「コレステロールゼロ」などの商品を良く見かけます。「リノール酸」はコレステロールを下げる効果があり「健康にやさしい油」として広まっています。コレステロールには善玉と悪玉があり、善玉は身体に良く、悪玉は身体に悪いというイメージではないでしょうか。実はこのイメージはコレステロールの働きに影響し...

妊娠糖尿病の発症リスクと改善方法女性は妊娠するとホルモンのバランスが変化することから、今までかかったことのない病気を引き起こすことがあります。代表的なものに妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病などがあります。妊娠糖尿病は妊婦の8人に1人の割合で発症すると言われるほど頻度の高い病気で、最近増加傾向にあります。妊娠前まで糖尿病でなかった人が妊娠を機に糖代謝異常を起こしてしまう病気です。通常は出産後には正常にも...

COPD(慢性閉塞性肺疾患)の発症リスクと改善方法近頃は健康ブームで昔と比べると喫煙者の数は低下しています。しかしまだ吸われている方の姿を大勢見かけられます。たばこの煙には有害な物質が含まれており、この有害物質を長期間喫煙していると慢性閉塞性肺疾患を発症する恐れがあります。慢性閉塞性肺疾患は慢性気管支炎や肺気腫の総称で以前は区別されていましたが、この2つの疾患が同時に発症することが多いため統一して...

デング熱の発症リスクと改善方法2014年の夏、日本国内はあるニュースでもちきりになりました。70年ぶりにデング熱の国内感染者が報告され、瞬く間に日本中に広まりました。報道番組やニュース番組で大々的に取り上げられ、聞きなれないウイルスに感染している蚊のニュースに日本中が騒然としたものです。発生源は東京の代々木公園と報道されていましたが、その後の調査で代々木公園以外の場所での感染が疑われる患者が発生し...

マラリアの発症リスクと改善方法近年海外旅行ブームでお正月やお盆休みなどに海外に行かれる方も大勢います。観光地やショッピング情報はリサーチしていても病気に関してリサーチされる方は少ないかもしれません。マラリアという病気をご存知でしょうか。日本では馴染みがないためどのような症状が出るのか、治療薬はあるのかなど知らない方が多いのではないでしょうか。この病気はマラリア原虫をもったハマダラカという蚊に刺され...