どんなときに遺伝子検査マイコードを利用するのがいい?

 

 

欧米では従来より遺伝子検査は一般的なものとして普及していましたが、
昨今、日本でも遺伝子検査の必要性の認識が高まりつつあります。

 

遺伝子検査というと多くの人が考えるのは「親子鑑定」ではないでしょうか?
その名のとおり、親子であるという証拠や確率をDNA鑑定によって証明するものです。

 

ですが最近では、『自分の体のことを知る』目的で
遺伝子検査をする人が増えています。

 

あなたやあなたの家族が持っている病気や疾患、
体質などのリスクを遺伝子検査によって知ることにより、
将来の病気の発症リスクを予防したり、健康状態を知って
生活習慣を見直すきっかけにしたいと考え、遺伝子を受ける人が
多いからではないでしょうか。

 

例えば、「両親のどちらかや親族が糖尿病を患っている、
または糖尿病である可能性が高い」という場合には、
糖尿病にならないためのリスクヘッジを実行することができます。

 

日本の三大疾病とされている「がん」」「心筋梗塞」「脳梗塞」
についても同様のことが言えると思います。

 

また、自分の子供にその因子が遺伝している可能性があり、
病名をはっきりさせるために受検する方もいるようですね。
確かにそのほうが今後の対策を練るには有効かもしれません。

 

また、体質は親からの遺伝的な部分が多いと言われていますので、
『自分がどのような健康状態であるのか?』
『どんな体質で、どんなことに気をつけて生活すればよいか?』
といったことも、遺伝子検査の結果によって判明することとなります。

 

この結果により、生活習慣病の予防ができたり、食事に気を使ったりすることが可能となります。

 

遺伝子検査は今や身近なものとなっていて、自宅で簡単に
検査が可能なサービスも多々あります。

 

遺伝子検査には検体として血液を用いることが一般的ですが、
採取した唾液から検査ができるものも。これなら痛みもありませんので安心できますね。
また、ウェブ上で結果が手軽に閲覧できるサービスもあるようなので、
煩わしい書類などが不要なのも良いポイントなのかもしれません。