マイコードで遺伝子検査を行う方法

 

 

マイコード遺伝子検査は以下のような流れで行われます。
ここでは、ネット上で遺伝子検査サービスを行っている「マイコード」を例にして説明します。

 

①申し込みたいプランを決め、申し込みする
②唾液を採取し、返送する
③遺伝子を解析
④結果レポートをウェブ上で確認する
⑤アドバイスに基づき、必要であれば生活習慣を見直す

 

①の『プランを決める』ですが、マイコードでは3つの検査キットが用意されています。
がんを中心に調べたい場合は『がんパック』、病気も体質も知りたい場合は『ヘルスケア』など、
自分に合ったものを選びましょう。

 

②はそのままです(笑)。採取キットが届いたら早めに郵送しましょう。

 

ここからは③『遺伝子解析』・検査の内容について書いていきます。

 

マイコードでは、試料(唾液)が届いたあと試料ひとつひとつにバーコードが配置され、
取り違えがないように管理されています。

 

その後試料からDNA細胞を抽出する作業を行い、
抽出した遺伝子(つまりDNAですね)を増殖させて解析を行います。
増幅させることにより様々な検査が可能となっているのですね。

 

この遺伝子解析により、あなたがかかりやすい病気の要素を検出し、
予兆の早期発見につながったり早期対応ができるようになったり、
予防法を知ることができるでしょう。

 

なお、同意書を提出している場合は研究に転用され、
研究試料として取り扱われます。

 

④『レポート結果を確認する』では、オンライン上で検査結果を閲覧することが可能です。

 

疾病発症のリスク表示はもちろんのこと、あなただけのアドバイスが
一緒に掲載されていますし、あなたにオススメの食事方法なども一緒に載っています。

 

しかもこの食事方法は食の専門家である管理栄養士の監修によるものですので、
あなたの健康に役立つと思いますよ。

 

続いて⑤『生活習慣を見直す』では、結果レポートに書かれていたアドバイスや
予防法をもとに、生活習慣を変えていきましょう。

 

自分の体について詳しくなれば、改善にも取り組むことができますよね。
以上が「マイコード」の遺伝子検査の流れです。